ピアノ教室のメリット/デメリット

【大人】初心者にも優しいピアノ教室に通うならどこが良い?

 

最近では、趣味として大人でもピアノ教室に通う人が増えています。

 

大学生くらいからバンドでキーボードを始める人も多いですし、社会人になって無趣味の人が会社の人とバンドを始めることになって通う人もいます。

 

他にも、クラッシクの辻井さんやジャズコンテンポラリーの上原ひろみさんのような人に憧れて大人になって自分でもピアノを始めてみようという人が増えてきました。

 

では、ピアノ教室のメリット、デメリットはどんなことがあるでしょうか?

<メリット>

  • ・楽譜が読めるようになる
  • ・絶対音感、リズム感が養われる
  • ・他の楽器も弾きやすくなる

ピアノを習う一番のメリットと言えば、楽譜が読めるようになることです。

 

楽譜が読めれば、いつでもピアノを弾くことができます。また、別の楽器をしようと思った時にピアノの経験があれば、習得が早くなりますよ。

 

小さい頃からピアノを習わせておけば、絶対音感もつきますし、リズム感もよくなるでしょう。音楽系はもちろんですが、ダンスやスポーツをするにおいても、リズム感などは大切になってくるので大きなメリットとなりますね。

 

大人になってから始める場合でも、ピアノを習うことで歌がうまくなったり、リズム感がよくなったりしますよ。

<デメリット>

  • ・ピアノを買わなければならない
  • ・月謝が高い
  • ・本人のやる気がなければ上達しない

ピアノ教室に通うことによるデメリットとしては、ピアノを買わなければなりません。

 

また、ピアノ教室の月謝は意外と高いところが多いです。練習をしなければ、いくらピアノ教室に通っても上達はしませんので、本人のやる気が一番重要になるでしょう。

 

ピアノ教室で教えてくれる事

最近ではピアノを習うのは子供だけではありません。

 

 

ピアノ教室のレッスン内容はそれぞれのピアノ教室によって異なりますが、大まかな流れは同じでしょう。ここでは初心者のレッスン内容についてまとめてみます。

 

まず、ピアノ初心者は楽譜と鍵盤になれることが大切。

 

楽譜の読み方や、指の形、指の動かし方などの基本的な部分から身につけていきます。

 

ピアノの演奏は、はじめから両手にするのは難しいです。

 

そこで片手演奏から行います。

 

簡単なメロディからチャレンジして、ゆっくりと弾けるテンポで練習していきましょう。

 

徐々に慣れてきたら、両手で演奏を行っていきます。

 

やさしい曲で、両手で動かす感覚を覚えていくことで、ピアノを弾くことの楽しさを実感できるでしょう。

 

初心者のピアノレッスンは、ピアノを演奏することが楽しい、面白いと感じれることが大切です。

 

大人でピアノを習う場合も、無理なく続けられるピアノ教室を選びたいですね。

 

ピアノ教室を選ぶ3つのポイント

ポイント1

ピアノ教室を選ぶポイントとして費用は重要です。

 

基本的に週に1回のレッスンが多いですが、月謝はそれぞれのピアノ教室によって異なります。

 

またレッスン時間も30分のところもあれば、60分のところもあるでしょう。

 

月々にかかるレッスン費用の他に、楽譜やノートなどの教材代、発表会代、施設代などを支払わなければならないので、年間のトータル費用を考慮して考えるべき。地域によってピアノレッスン費用もバラつきがあるので、その地域のレッスン費用の相場を知っておくと比較しやすいでしょう。

 

ポイント2

仕事や風邪などの体調不良で体調を崩して習い事をお休みしなければいけないケースがよくあります。

 

その際に、振替のレッスンが受けられるかどうか?はピアノ教室を選ぶポイントとなるでしょう。

 

振替に対応してくれなかった場合、その週のレッスンが受けられなくなります。

 

そうなるとせっかく月謝を払っているのに、すごくもったいないですよね。特に仕事で忙しい人は、レッスンの振替に対応してくれるピアノ教室を選んだ方が安心でしょう。

 

大人の場合は、フレックス制を導入しているピアノ教室がおすすめ。
自分のスケジュールに合わせてレッスン予約が入れられると非常に通いやすいですね。最近ではネットで予約やキャンセルができるところもあり、前日までに予約すればOKというところもありますよ。

 

ポイント3

ピアノ教室を通う時には立地も大事です。

 

大人でピアノ教室に通う場合は、仕事帰りなどに通う場合が多くなるので、最寄り駅から徒歩10分以内だと通いやすいです。

 

長く続ける習い事の場合、電車賃なども負担になります。ピアノ教室もできるだけ、自宅の近くで探した方があとあと楽ですし、通うのに無理がでない範囲で探すのがおすすめです。

 

人気のピアノ教室

シアーミュージック

http://piano.sheer.jp/

  • ピアノコースのおすすめポイント1:質の高い講師から受けられるマンツーマンレッスン
  • ピアノコースのおすすめポイント2:ピアノ初心者でも分かりやすい丁寧なレッスン
  • ピアノコースのおすすめポイント3:練習ブースを無料で貸し出ししてくれる&アクセス抜群

ピアノ教室を選ぶ時に、講師の質は非常に重要です。講師が悪ければピアノの上達は望めません。
シアーミュージックのピアノ講師は、音楽学校を卒業しており、知識と実力を兼ね備えています。
採用率は5%と低く、厳選された講師だけが在籍しているので質の高いレッスンを受けられるでしょう。
講師の研修時間は300時間にも及ぶので、指導力もあり、初心者からベテランまで幅広い生徒さんが通っています。
マンツーマンレッスンは1コマ45分で、生徒1人1人の実力や希望にそったカリキュラムを用意。
レッスンはフレックス制になっていて、振替は前日17時まで受付してくれるのでとても通いやすいでしょう。
全国に42舎あり、最寄り駅からも徒歩10分圏内なので、立地も抜群です。

 

EYS音楽教室

https://www.eys-musicschool.com/course_instrument/clavier/piano/

 

  • ピアノコースのおすすめポイント1:入会すると電子ピアノがプレゼントされるのでピアノがなくても大丈夫
  • ピアノコースのおすすめポイント2:クラシックピアノだけではなく、ジャズ、弾き語りなどコースが充実
  • ピアノコースのおすすめポイント3:ネット予約可能&フレックス制で気軽にレッスンが受けられる

 

EYS音楽教室はピアノを持っていない人でも安心してピアノ教室に通うことができる特典付き。なんと、入会すると電子ピアノをプレゼントしてもらえるんです。
これからピアノを用意しようという人にとっては非常に魅力的ですね。
またレッスン内容に不満があった場合には、無料でレッスンのやり直しをしてくれる制度もあるので、非常に満足度が高いピアノ教室と言えるでしょう。
EYS音楽教室では、初心者が半年間でピアノが弾けるようにレッスンを進めていきます。講師は音大卒、現役で活躍中の実力者ばかりで、丁寧なレッスンに定評あり。
自分が弾きたい曲なども弾いてOKなので、楽しくレッスンを受けられそうです。
フレックス制で、簡単にネットで予約やキャンセルができるのも魅力的ですね。振替は前日までOKです。

 

ヤマハミュージックレッスン

https://school.jp.yamaha.com/music_lesson/lp/piano/

  • ピアノコースのおすすめポイント1:業界最大手のYAMAHAが運営しているので安心感がある
  • ピアノコースのおすすめポイント2:音楽学校を卒業した講師によるレッスンで、非常に質が高い
  • ピアノコースのおすすめポイント3:対応ジャンルが幅広く、ポピュラー&ジャズにも対応している

ヤマハミュージックレッスンはピアノ教室=ヤマハ教室と言っても過言ではない、大手ピアノ教室の大人レッスンになります。
クラシックはもちろんのこと、ポピュラーやジャズなどにも対応してくれるので、弾ける曲の幅が広がるでしょう。
ただ練習曲はある程度決められているので、好きな曲を弾くことはあまりできません。
また、曜日は固定制、振替もできないので、スケジュールをしっかりと調整できる人におすすめのピアノ教室です。
講師の質は非常に高く、音大卒、音楽専門学校卒の講師を採用していて、支部・地区研修も充実しているため指導力に定評がありますよ。
大手の音楽教室に通いたい人や選曲にはこだわりがなければ言うことありません。

 

ノアミュージックスクール

https://www.noahmusic.jp/piano/

 

  • ピアノコースのおすすめポイント1:初心者でも安心のプライベートレッスンでマンツーマン指導
  • ピアノコースのおすすめポイント2: 業界最安値1レッスン2875円〜とレッスン費用がリーズナブル
  • ピアノコースのおすすめポイント3:好きな時に通えるフリータイム制で時間がない方にもぴったり

 

ノアミュージックスクールではクラシック、ジャズ、ポピュラーなど様々なジャンルでのレッスンが可能です。
ピアノの種類もアップライトピアノの他、グランドピアノ、エレキピアノなどの種類がから選べ、途中で変更することもできます。
月謝が無駄にならないシステムになっているノアミュージックスクールでは、自分の都合でレッスンが決められるフリータイム制を導入。
レッスンの繰り越しは無期限ですし、いつでもレッスン回数や、楽器変更を行うことができるので、通いやすいでしょう。
また、ノアミュージックスクールの最大の魅力といえば、リーズナブルな価格設定。1レッスン2875円〜+スタジオ費となっており、この金額は業界最安値です。
初めてピアノを弾くという初心者でも安心の、完全マンツーマンレッスンなので、自分のペースに合わせた指導を行ってくれますよ。

 

カワイミュージックスクール

https://music.kawai.jp/po/piano/

 

  • ピアノコースのおすすめポイント1:音楽学校出身講師のレッスンの質が非常に高い
  • ピアノコースのおすすめポイント2:全国各地に展開しており、最寄り駅から徒歩圏内と立地抜群
  • ピアノコースのおすすめポイント3:ポップス、クラシック、歌謡曲など様々なジャンルから選曲

カワイミュージックスクールといえば、ヤマハと並んで大手ピアノ教室としての位置づけにあります。
カワイミュージックスクールで働く講師陣は、音楽学校を卒業した講師だけを厳選して採用。さらに採用された講師は厳しい研修制度を受けているのでレッスンの質がよく当たり外れが少ないです。
クラシックやポップス、映画音楽など様々なジャンルから練習曲を選ぶことができます。ただレッスンは固定制で、振替はできないので、しっかりとその日に通えるという人でなければ難しいでしょう。
優秀な講師の元でピアノを習いたい、有名な曲を弾けるようになりたいという方にぴったりですよ。無料レッスンも随時受け付けているので、一度体験してみると雰囲気などが分かるでしょう。

 

島村楽器 大人のための音楽教室

https://www.shimamura.co.jp/lesson/pr/adult.html

 

  • ピアノコースのおすすめポイント1:大手楽器店が運営しているので安心感がある
  • ピアノコースのおすすめポイント2:練習室を1日30分無料レンタルできるので練習場所がなくても大丈夫
  • ピアノコースのおすすめポイント3:発表会、コンクールなどの音楽イベントが盛りだくさん

 

島村楽器 大人のための音楽教室は大手楽器店である島村楽器が手掛けるピアノ教室です。初心者から上級者まで幅広い生徒さんが通っており、初心者に対するレッスンには分かりやすいと定評があります。
初心者向けには基礎練習なども行っており、大人になって初めてピアノを習い始めるという人でも、1〜2週間で両手演奏までできるようになるでしょう。
また、島村楽器 大人のための音楽教室では発表会やコンクールなどの音楽イベントをたくさん開催しているので、それを通じて音楽仲間ができる楽しみもあります。
コンクールなどの目標があることで、より練習にもやる気がでますね。レッスンは曜日固定制と自分のペースで習えるサロン制があるので、柔軟に対応してくれそうですよ。

 

練習に最適な電子ピアノ・キーボードの選び方

ピアノを習うと決まれば、多くの人は自宅にピアノを購入すると思います。

 

ただグランドピアノやアップライトピアノは金額的に難しいという方もおり、手軽に購入できる電子ピアノやキーボードを選ばれる方って非常に多いんです。

 

では、どのような電子ピアノ、キーボードを選べばよいでしょうか?

 

電子ピアノはピアノの音を電子音で再現した楽器です。生ピアノと同じ88の鍵盤数があり、音色も生ピアノに非常に近いのが特徴。

 

軽量で価格も数万円〜10数万円します。ヘッド音での演奏が可能なので、騒音対策にもなるでしょう。

 

一方、キーボードも電子ピアノと同じように、電子音でピアノに近い音色を再現する楽器です。

 

ただ電子ピアノに比べると、音色が軽く、鍵盤のタッチも軽くなるので、生ピアノとは少し違った印象になります。

 

鍵盤数も61鍵の場合が多いため、生ピアノの代替としては使いにくいです。

 

キーボードや電子ピアノを選ぶ時には、何の目的で使うかによって変わってきます。

 

キーボードであれば1万円ていどから購入できますし、生ピアノほどの本格的なものにこだわらないのであればとても安いです。

 

またケースに持ち歩くのであれば、コンパクトなものがよいでしょう。

 

電子ピアノに関しては、それぞれの製品によって音色やタッチ加減などが全く異なるので、一度試しに弾いてみてから購入を決めると失敗しないですよ。

 

ピアノのトレーニング方法と上達のコツ

ピアノを上達させるには、まずは基礎ができていなければ話になりません。

 

正しい椅子の座り方(軽く腰かける)、フォーム(肩の力を抜く)、指使いなどに気を付けましょう。

 

指の先端と腹の中間部分が鍵盤にあたるタッチポイントを意識して弾くようにします。

 

練習は片手ずつ始めましょう。

 

片手で完璧に弾けるようになれば、両手で合わせて弾いていきます。

 

間違えやすいパートは、部分的に何度も繰り返して練習するべきです。

 

不得意な部分、難しいと感じる部分は何度も何度も練習することで、指が上手く動くようになりますよ。

 

さらに上達を目指す時には、自分が演奏した曲を録音して、聞いてみるとよいでしょう。

 

客観的に聞いてみると、どの部分で躓いているか、うまく弾けていないかがよくわかるので、集中的に練習しなければいけない部分がおのずとわかってきますよ。

 

日本人の有名なピアニスト

ジャズピアニスト 上原ひろみ

上原ひろみは年間150本以上のライブをこなすジャズピアニストで、1年の2/3を海外で過ごしています。
ライブでの彼女の演奏はほぼアドリブなので、毎回演奏するごとに同じ曲でも異なるのが特徴。
自由奔放な即興演奏が非常に人気で、世界中から多くの支持を受けているピアニストですよ。
2011年には第53回グラミー賞においてthe STANLEY CLARKE BAND featuring Uehara Hromi が「ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム」を受賞しました。本場NYのブルーノートでは日本人で唯一13年連続公演を行っています。

 

ジャズピアニスト 小曽根真

小曽根真はバークリー音大ジャズ作・編曲科を首席で卒業したピアニストです。1983年に米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム「OZONE」で全世界デビューし、2003年にはグラミー賞にもノミネートされています。
ソロライブの他、世界的トッププレイヤーとの共演や、ビッグバンドを率いたツアーなど精力的に活動。近年はジャズの最前線での活躍の他、クラシックにも本格的に取り組んでいます。
2018年には初のクラシックアルバムもリリースしており、ジャズだけにとらわれないスタイルです。また映画音楽などの作曲も行っており、ジャンルを超え多方面に才能を発揮しているピアニストと言えるでしょう。

 

クラシックピアニスト 清塚信也

クラシックピアニストの清塚信也は、日本人と韓国人のハーフです。
第一回ショパン国際コンクールin ASIAで第1位、日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位、ザイラー国際ピアノコンクールで3位などの数々の実績があります。
クラッシック以外の演奏活動や俳優活動も積極的に行っており、メディアでの露出も多いピアニストです。
2007年に公開した映画「神童」ではピアノの演奏シーンの吹き替えを担当していますよ。

TOPへ